2015年8月今月の新製品情報

野菜室まるごと、野菜の栄養素やみずみずしさを守る「新鮮スリープ野菜室」

大容量冷蔵庫「真空チルド」シリーズを発売

ゆとりの大容量で暮らしが変わる、業界最大*1の定格内容積730L

[画像左]Xシリーズ(R-X7300F)(グラデーションブラウン(ZT)、クリスタルミラー(X)、クリスタルシャンパン(XN))、[画像右]「新鮮スリープ野菜室」

日立アプライアンス株式会社(取締役社長:二宮 隆典)は、野菜室まるごと、野菜の栄養素やみずみずしさを守る「新鮮スリープ野菜室」を実現した、業界最大の定格内容積730Lとなる大容量冷蔵庫R- X7300Fなど、「真空チルド」シリーズ12機種を8月13日から順次発売します。
今回、「新鮮スリープ野菜室」を実現するため、国立大学 法人北海道大学が開発した画期的なプラチナ触媒を、北海道大学との共同研究により家庭用冷蔵庫で初めて採用しました。このプラチナ触媒は、野菜から出るエ チレンガスやニオイ成分を分解し、新鮮に保存するための炭酸ガスを多く生成することができます*2。また、野菜室は密閉度を上げて高湿度な環境にしました。これにより、野菜室の下段ケース奥側に限られていた高鮮度スペースが全体に広がり、野菜室内の上段・下段・たて収納スペースのどこに保存しても、野菜の栄養素やみずみずしさを守ることができるようになりました。
また、真空の力で食品の酸化を抑えて、新鮮に保存する日立独自の「真空*3チルドルーム」の保存性能が向上しました*4。「新鮮スリープ野菜室」と同じプラチナ触媒を採用して、ルーム内の炭酸ガス濃度を上げることで、肉・魚表面の酵素の働きをさらに抑制し、鮮度と栄養素を守ります。
省エネ技術では、5つの冷媒口を設け、運転状況に合わせて経路の切り替えを1つのバルブで行う業界初*5の「マルチバルブ制御」を開発しました。

*1
2015年7月16日現在。国内の家庭用ノンフロン冷凍冷蔵庫において。R-X7300F。当社調べ。
*2
新製品に採用したプラチナ触媒、当社従来製品(2014年度モデル)に採用した光触媒との比較。詳細はP.4の(*4)参照。
*3
真空とは大気圧より圧力が低い状態を意味します。「真空チルドルーム」内は約0.8気圧なので、当社では真空と呼んでいます。
*4
新製品R-X6700Fと当社従来製品R-X6700E(2014年度モデル)との比較。詳細はP.5の[図9 真空チルドの効果]参照。
*5
2015年7月16日現在。国内の家庭用ノンフロン冷凍冷蔵庫において。5つの冷媒口を1つのバルブで制御する技術を搭載。当社調べ。

新製品の主な特長<大容量冷蔵庫「真空チルド」シリーズ>

  1. 野菜室まるごと、野菜の栄養素やみずみずしさを守る「新鮮スリープ野菜室」 【New】
  2. 野菜室と同じプラチナ触媒により、「真空チルドルーム」での保存性能が向上 【New】
  3. ゆとりの大容量で暮らしが変わる、業界最大*1の定格内容積730L 【New】
  4. 業界初*5の省エネ技術「マルチバルブ制御」を開発 【New】

需要動向と開発の背景

2015年度の家庭用冷蔵庫の需要(フリーザーを含む)は、約420万台(前年比108%)と消費増税の駆け込み購入による反動影響がなくなり、堅調に推移すると見込んでいます。その内、501L以上の機種は前年比124%となる見通しです(当社調べ)。
今回発売する新シリーズは、従来より好評を得ている野菜の栄養素やみずみずしさを守る機能の進化や、日立独自の「真空チルド」における食品の保存性能向上、新たな省エネ技術の搭載、大容量化などにより、一層の商品力強化を図りました。